北海道・東北

旅の我が家「桃岩荘」(北海道・礼文島)

皆さんは自転車旅で何にこだわりますか?

絶景・走行距離・グルメ・メンバー・温泉など

自転車旅には様々な楽しみ方がありますよね!

そして違ったこだわりを持って旅をしている人が多いのが

千葉大学サイクリング部の面白さでもありあます。

今回はその中でも「宿」をテーマに皆さんにお伝えしたいと思います。

宿は睡眠を伴い次の日の活力を養うための重要なポイントです。

チャリ部ではキャンプ場やその辺のベンチやネットカフェを寝床とする場合が多いですが、

たまには「宿」を見所の一つとしてとらえ、

「宿」を目的に旅に出てみるのはいかがでしょうか。

北海道礼文島が誇る最高宿「桃岩荘」

日本最北端の街「稚内」からハートランドフェリーに揺られること約2時間、

花の浮島と呼ばれるこの地、

北海道の礼文島に今回の舞台があります。

ところで、みなさんは日本3大バカユースホステルを知っていますか?

知ってる方もいると思いますが、日本3大バカユースホステルとは通常、

知床の岩尾別・襟裳岬のえりもユース

そして

礼文島にある桃岩荘を指します!(桃岩荘以外はすべてなくなっている)

ユースホステルは日本全国にありますが、ここは他の所とはかなり違います。

一言でいうとここは旅の我が家」です。

そして今回の記事では、

桃岩荘での過ごし方をお伝えしていきます!

礼文島香深港に着岸

稚内からハートランドフェリーで揺られること約2時間、礼文島が見えてきます。

ハートランドフェリーは約2500円くらい、

自転車は輪行袋に入れれば無料で持ち込みできます。


盛大に迎えられる

香深港到着時に港で旗を振っている方がいます。

その人達こそ桃岩荘の方々です。

「おかえりなさい」と言われるので「ただいま!!」と言いましょう。

身に覚えがないかもしれませんが、

ここ礼文島はあなたの故郷です。

ブルーサンダー号に乗車

桃岩荘へはこのブルーサンダー号を使って移動します。

結構大きいので自転車も積んでもらえました。

ブルーサンダー号出発

「発車オーライ!!」の掛け声をかけるとブルーサンダー号は発車します。

桃岩タイムトンネル通過

香深港と桃岩荘の距離は5キロほどです。

途中に新桃岩トンネルという比較的新しい長いトンネルがあります。

このトンネルは不思議な力を持っており、入口と出口で日本で唯一30分時差があります。

トンネル内では

ヘルパーさんから羞恥・知性・煩悩を捨てるように言われみんなで捨てます。

桃岩荘到着

15分ほどで到着です。

最後はダートでかなり車は揺れました。

到着すると先にいた方々から「おかえりなさい」と熱烈な歓迎を受けます。

元気よく「ただいま!!」言いましょう。


チェックイン

着いたらチェックインです。

何泊するか聞かれるので「とりあえず1泊」と答えましょう。(結局3泊はする)

1泊3500円くらいとチャリ部的には少し高めなのでそこだけ注意が必要です。

ミーティング

夜ごはんは出ない宿なのでそこは各自でやりましょう。

港に行って炉端焼き「ちどり」でほっけのちゃんちゃん焼きを食べるのもよし、

セイコーマートに行くのもよしです。

桃岩時間の19:30(日本時間19:00)から桃岩荘名物ミーティングが始まります。

全宿泊者が一同に会し、

ヘルパーさんによる島の解説を聞いたあとはみんなで歌って踊ります。


夜寝るまで

ミーティングは桃岩時間21:00に終わります。

桃岩荘はユースホステルなので消灯時間が決まっており、桃岩時間22:30です。

この間は自由時間となるわけですが、ここで他の宿泊者と親睦を深めることができます。

チャリ部って結構変わった活動している気がするじゃないですか。

でもここではそれが「普通」です。いろんな人がいます。

・同じようにチャリを使って北海道を巡っている人
・ヒッチハイクで福岡から来てしまった人
・礼文島でリゾートバイトをしている人
・バイクで日本一周している人
・よく分からないけどずっといる人

非常に感覚がマヒします。

でもいろんな人がいて面白く、人生の考え方が変わります。

消灯時間までの楽しいひとときです。

起床

桃岩時間6:30分になると「石狩挽歌」という曲で強制的に起床します。

起きたらまずチェックアウトするか連泊するか決めます。

迷わず「じゃ、あと1泊」と伝えましょう。

見送り1

残念ながらその日に島を去ってしまう人を玄関先で盛大にお見送りします。

見送り2

残念ながらその日に島を去ってしまう人を港で盛大にお見送りします。

船が見えなくなるまで手を振り続けます。

愛とロマンの8時間コース

礼文島の見所はもちろん宿だけではありません。

島の代表的なアクティビティはハイキングです。

島としておすすめされているものに「8時間コース」があります。

桃岩荘では毎日この「8時間コース」に少し距離を足した「愛とロマンの8時間コース」を用意しています。

8時間かけて(正確には11時間くらい)島半周32kmを歩きます。

これのすごいところは初めて会った人たちと行くところです。

お互いの理解を深めながら絶景の道をゴールに向かって歩くことにはとてもロマンがあり愛が間違いなく生まれます。

絶対に体験しておきたいアクティビティです。

礼文島サイクリング

例外なくサイクリングもめちゃくちゃ楽しいです。

昨晩知り合った他大の〇UCCの人達と一緒に行ってみてはどうでしょうか?

ミーティング2

毎日行われるミーティングも次の日に島を出ると決めた最後の夜ともなると

特別な思いで臨むことになります。歌い切りましょう。

チェックアウト

チャリ部員の時間は無限であってもお金は有限です。

この地を去らなければならないときがきます。

寂しくても「行ってきます!!」と言いましょう。

離島

香深港から出港する際、港では桃岩荘の方々から熱烈なお見送りがあります。

最後の最後まで歌でお別れします。

桃岩荘では最後は必ず「遠い世界に」という曲を歌います。

この曲の最後の歌詞に「明日の世界をさがしにいこう」とあります。

つまり、

礼文島から出ることは旅に出るということであり、

いつでも礼文島は私たちのこころのふるさとであり

「おかえりなさい」と迎えてくれる帰る場所となったということです。

まとめ

以上が桃岩荘で過ごす礼文島での過ごし方の一例となります。

最後にこれだけ書いてきてこういうのもアレですが、

桃岩荘はチャリ部が6人とかで行くにはとても不向きです。

プレの前やアフターの後などに数人で行ってください。

最初は不安ですが1人で行くのも非常におすすめです。

一生の思い出になります。旅の仲間は現地で見つければよいのです。

関連記事